您好,歡迎來到上海分類信息網
免費發信息

動植物名用假名表示有何規律

2020-4-5 14:15:41發布15次查看ip:發布人:
動植物名用假名表示有何規律,下面是櫻花小編為大家整理的一些相關內容,來了解下吧。
內閣告示の「外來語の表記」では、片仮名は外國の地名?人名、外國語、外來語ならびに擬聲(音)語や動物の鳴き聲に使うことを原則としています。
しかし、出版物などにおいて、アクセントを表記する場合、電報文の表記などこれ以外の場合にも片仮名表記が用いられるのが通例となっています。
學術的名稱としての動物名や化學物質名の表記にも通常片仮名表記が用いられます(「イヌ科イヌ屬」「バラ科サクラ屬」など)。
內閣告示的《外來語的標記》中,片假名原則上是用來表示外國的地名、人名、外語、外來語以及擬聲詞或者動物的叫聲的。
但出版物等文章中為了強調重點,也會在電報文等以上之外的場合使用片假名的情況,這已經成為慣例。學術性的動物名、化學物質名等通常也用片假名表示。(例如“犬科狗屬”、“薔薇科櫻屬”等。)
したがって、學術的な細目として動植物を問題にする場合には片仮名表記が用いられます。また、學術的な文脈において動植物について觸れている場合にも片仮名表記が用いられる傾向にあるといえます(例えば、旅先で遭遇したものとして表記される場合に「山貓」であるものが、その生態について述べるときには「ヤマネコ」と表記されるということになるでしょう)。
因此,在以動植物為類進行學術上的細分時,則用片假名表示。在學術類文章中涉及到動植物的部分時也有使用片假名表示的習慣。(例如:在記載旅途中偶遇“山貓”時,對其有關生態特征進行記錄的時候,則標記為“ヤマネコ”。)
とはいえ、これはあくまでも通例として行われていることですから、拘束力を持つものではありませんし、実際にはこれから外れる表記も目にします。
平仮名表記では語の識別に支障をきたす(読みにくい)と判斷される場合にも、片仮名表記?漢字表記が選ばれることがあるようです(書籍?記事等のタイトルのように、前後に文脈がない場合は別ですが)。
然而,這些表示方法終究是慣例致使,并沒有什么約束力,實際上我們也會看到與這些情況都不符合的表示方法。
如果用平假名書寫有導致語言識別障礙(難讀)的情況,這時便會選擇用片假名標記、漢字標記(像書籍、記事等的標題,沒有上下文的情況下則另當別論)
例えば、犬?貓が平仮名や片仮名で表記されるのに比べ、牛?馬は平仮名で表記されることが少ないかもしれません。
実際の傾向は數えてみなければわかりませんが、牛?馬にくらべて犬?貓はわれわれの生活により密接で、さまざまな文脈?見地から問題にされるため、表記のあり方も多様であるということが言えるかもしれません。
とはいえ先述の語の識別の問題が考慮されれば平仮名表記は避けられるのではないでしょうか。
例如,與狗、貓等平假名或片假名表示相比,牛、馬很少用平假名表示。
實際的傾向性不統計的話無從得知,但與牛、馬相比,狗、貓與我們的生活聯系更密切,根據各種上下文、立場的不同、標記的方法也多種多樣。但是如果考慮到前面提到的單詞識別問題的話,則會避開使用平假名表示。

該用戶其它信息

VIP推薦

上海分類信息網-上海免費發布信息-上海新聞網
体彩黑龙江6十1中奖对照表